スマホで撮った写真を自動バックアップさせない方法

ウェブカツ!でこんな質問を受けました。

スマホ(iPhone)で撮影した写真が Google+フォト(旧 Picasaウェブアルバム)に自動で流れてしまうのを止めたい」と。

画像の自動バックアップは便利な機能ですが、保存する写真が多くなってくると、Googleのストレージを圧迫してしまいます。無料で使える保存容量を考えると、バックアップする画像は取捨選択したいですね!

iPhoneからGoogle+フォトへの自動バックアップ機能を切る方法

①Google+アプリを開いて、「メニューアイコン」をタップ。
②「歯車アイコン」をタップ。
③「カメラと写真」をタップ。
④「自動バックアップ」をタップして「オフ」にする。

Google+アプリを開いて、「メニューアイコン」をタップ。

「歯車アイコン」をタップ。

「カメラと写真」をタップ。

「自動バックアップ」をタップして「オフ」にする。





ドロイドくんとGoogle+フォト
ちなみに、、、

アンドロイドの場合は以下の手順で

①「写真アプリ」を開く。
②「メニューアイコン」をタップ。
③「設定」をタップ。
④「自動バックアップ」をタップして、オン/オフを切り替える。




0 コメント:

 
ホームページ制作とウェブ学習支援のWeb500(うぇぶごひゃく) © 2017 | ホームページ | Blog 💀 Web500 | ウェブカツ! |