GoogleAppsでオリジナルなGmail

GoogleAppsとは、Googleが提供しているwebアプリケーションを集めたサービスで、町の小さな個人商店から学校,企業まで、様々な規模に対応するコミュニケーションツールを提供してくれています。



今回はその1つ、「G-mail」に注目!


なぜ、G-mailに注目か? というと、

・自分がこれまで試したwebメールの中で、Gmailが一番使いやすかったから。

・先月の「Googleから新しいAPI (Google Apps Contantsの新機能)がリリース」というニュースを見て、これは職種によっては、「こんな機能が欲しかった♪」というクライアントさんが多いのではないかな…と思ったから。

、、、、、です。






例えば・・・、セトシドットコムというホームページ屋がこのAppsを利用して、自分の店だけのオリジナルメールボックスを作成したとします。

・セトシドットコムの社員は、在宅勤務なので、会議はメールやチャットで行います。
・しかし、会議が長引けば長引くほど、企画案に変更が重なれば重なるほど、メールやファイルの変更内容を辿るのが大変です。
・ところが、Appsで作成したメールを使えば、社員みんなで回覧板にカキコミを入れるように、1つの企画書同時に編集できるので、会議が終わったころには、企画書のまとめファイルは完成してしまっているというラクラクさです。


↓実際に、GoogleApps+setoshi.comでGmailを運用してみました↓

見た目はこの通り。個人用のGmailとほとんど同じです!

他にも、カレンダーを利用して、「本日の作業、ここまで進んだよ!」とか、連絡先情報を利用して、「誰か、明日10時に、○○ショップさんの商品撮影に行ってくれない?」とか、社内業務連絡に大いに役立ちそうです。まるで、目に見えないマネージャーが一人いて、仕事を仕切ってくれているような…。

難点は…、利用料金がちょっと高いところですが、メールボックス容量が25GB(なんと、業界平均の50倍!)もあることを思えば、安い買い物かもしれません。
【8/13追記】
メールメンバー50人以下,ボックス7GBという条件なら、無料で利用できるようです。
【10/12追記】
Windows Liveにも、これと似たようなサービスがあります。



オススメ従業員間の連携を高め、コストと時間を節約!

GoogleAppsの運用は、独自ドメインを取得している会員さんが対象です。
設定はお任せください。

0 コメント:

 
ホームページ制作とウェブ学習支援のWeb500(うぇぶごひゃく) © 2017 | ホームページ | Blog 💀 Web500 | ウェブカツ! |