JavaScriptでTwiる

上記事の続き・・・


statusを使わずに「JavaScriptでtwiる」方法も考えてみました。

<a href="javascript:(function(){f='http://twitter.com/home?status='+encodeURIComponent('他サイトからの引用は、こうすると入力する手間が省けるよ! http://blog.setoshi.com/2009/08/twi.html ');a=function(){if(!window.open(f,'_blank'))location.href=f};if(/Firefox/.test(navigator.userAgent)){setTimeout(a,0)}else{a()}})()">JavaScriptでtwiる方法…</a>
↑こう記述すると、、、


↑こうなります。

もちろんアイコンを使って、、、


↑としても使えます。

0 コメント:

 
ホームページ制作とウェブ学習支援のWeb500(うぇぶごひゃく) © 2017 | ホームページ | Blog 💀 Web500 | ウェブカツ! |