カバー画像メイキング

みたらしさん猫も杓子もFacebookをする時代ですね!

お友だちのところのネコちゃんもいよいよネットデビューということで、彼(彼女?)のFacebookカバーを制作しました。

今回は、その「画像ができるまで」をレポートします。


モデルは、みたらしさん(通称:みたこさん,ミタさん)です。


元画像
①飼い主のRyoさんトコで画像をもらいます。

②後光が差しているカンジを利用して、後ろから前へハイライトをかけます。ついでに、色カーブとシャープを繰り返して、毛並みをもっふもふに整えます。


元画像の左端をちょっと切り取って
③元画像の左端をちょっと切り取っておきます。

④③で切り取った部分にガウスをかけながら、みょーんと左方向へ伸ばします。

⑤Facebookカバーは横幅850~851pxで作るとちょうどいいらしいので、851×315ピクセルの下地を用意します。


⑥⑤の下地に、縦315pxにカットした②と④を載せます。
このとき、少し隙間を空けると、ミタさんのシャープな感じがより一層引き立ちます。
Facebookカバーは横幅850~851px※好みにもよるけど、850幅なら隙間は5px以下がGood!それ以上にするとダサくなる気がします。

鼻タブのイラストを描く
⑦キャッチコピーを「ハナタブは正義!」にしようと思うので、ポイントとなる鼻タブのイラストを描きます。

イラストといってもかんたんに円を用意するだけです。いろいろなサイズの円を描いて、背景色に近い色でベタ塗りします。ふちどりラインは色鉛筆効果を使って、わざと擦れ気味にしておくとカワイイ仕上がりになります。ブツブツをつけたら、なんだか犬っぽくなってしまいましたが、雰囲気が出ればいいのでこれでよしとします。


⑧⑥にキャッチコピーと鼻タブを載せます。
影と光をふんだんに使う…キャッチコピーには、ドロップシャドウを130度方向,サイズ4px,距離3pxで入れ、クリーム色できつめに外側光彩、グリーン色中心のグラデーションを90度でつけます。
鼻タブにもドロップシャドウ(角度,サイズ,距離ともに文字と同じ)を入れ、光彩は下画像の設定の通り。高級なカンジに仕上げます。


出来上がり!


カバーとプロフィールの画像はギャップがあったほうが楽しいかも!
カバー画像がキリッとした雰囲気なので、左下にくるプロフィール画像は「だらけきった正義」でもいいと思います。

使用したソフトは、①~⑦がFireworks,⑧の仕上げでPhotoshopです。




オススメ部品制作承ります!
ここ最近、CMS方式のホームページ支援や、Google系サービスの使い方講座や、HTMLコーディングの仕事ばかりで、画像加工のウデが落ちているような気がしたので、自分を戒めるためにも、あえて画像加工に特化した仕事を受けたいな…と思い、ひそかに新メニューを立ち上げました→【Facbookカバー制作

Facebookに限らず、ブログのヘッダーやフッター,その他の部品制作も承ります!




0 コメント:

 
ホームページ制作とウェブ学習支援のWeb500(うぇぶごひゃく) © 2017 | ホームページ | Blog 💀 Web500 | ウェブカツ! |