Gmailに届いたフィッシングメールがスパム判定受けまくり!

三菱東京UFJ銀行から、「パスワード等の入力を求める偽Eメールやコンピューターウィルスにご注意ください!」というハガキが届きました。

三菱東京UFJ銀行から届いた「詐欺メールに注意」のハガキ


インターネットバンキング 三菱東京UFJダイレクトでも、派手に注意喚起しています。
UFJに限ったことではないです。それだけ多くの人が 偽サイトに騙され、パスワードを盗み取られたり、不正送金事件に巻き込まれているのでしょう。


じつは、ハガキが届いた その4日後―。
私のところにも、タイミングよく(?)「詐欺メール」がやってきました。

しかし、さすが Gmail
三菱東京UFJ銀行を騙るメールは、Googleのスパム判定を受け、うっかりクリックできないように、“文字化け”加工がされていました。

Gメールはスパム判定したメールを文字化け加工してくれる


ここまで加工されていると、どんな内容だったのか、逆に興味がわいてしまいます…。


せっかくなので、先日のウェブカツ!(「怪しいメールをチェックしよう」講座)で使ったスパムメールチェッカーで確認してみました。

怪しいメールをチェックできるサイト


真っ赤っ赤です…!

もちろんフリーメールを使ってますね...
メールアドレス「~tw」ということは、送信者は台湾かな...
今どき、Outlook Express 6を使ってるって...
送信経路も中国辺りでスパムスパムしてます...




今回、フィッシングメールを受けて、やはりGmailはオススメだなーと思いました。
たまに、大事なメールが迷惑メールに振り分けられていたり、スパム判定が甘いこともあったりするけど、信用できます。信用してます!



オススメ「怪しいメールをチェックしよう」講座に参加できなかった方へ。
メールヘッダの読み方,詐欺メールチェッカーの使い方など、フィッシングメールをチェックする方法や、Gmailの有効活用ワザは、ウェブカツ!で いつでも勉強できます。ウェブカツ!は、月2-3回開催しています。30分~の個人相談をご予約くださいね。



          









0 コメント:

 
ホームページ制作とウェブ学習支援のWeb500(うぇぶごひゃく) © 2017 | ホームページ | Blog 💀 Web500 | ウェブカツ! |