Windows Updateのパッチをアンインストール

ノートパソコンが、最近おかしくなりました。

スリープ状態にしておいたはずが 勝手に強制終了していたり、起動に失敗してブラック画面(←ブルーではない)が出たり…。

変だなぁと思って調べてみたら、マイクロソフトから、「8月のWindows Updateで 不具合を起こす更新プログラムをうっかり配布してしまったので、早急に削除してください。」というアナウンスが出ていました。
しかも、2週間も前に…。私、気づくの遅すぎです…。

アンインストールしておくべきWindowsの更新プログラム


Windows7/8/8.1を使っている生徒さんへ!


今は不具合がない人も、Windows Updateの「インストールされた更新プログラム」に「KB2982791」「KB2970228」「KB2975719」「KB2975331」があったら、削除(アンインストール)しておきましょう。

※2014.08.28現在、KB2982791に関しては、修正パッチ(KB2993651)がリリースされているので、何もしなくても問題ないかもしれませんが、要らないプログラムなので、アンインストールしておくのが無難だと思います。



Windows Updateの不具合パッチをアンインストールする方法


「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「Windows Update」→「インストールされた更新プログラム」を開いて…、①削除したいプログラムを右クリック。→②「アンインストール」をクリック。

Windows Updateのインストールされた更新プログラムをアンインストール


③「今すぐ再起動する」をクリック。

アンインストールするためにはパソコンの再起動が必要


これで アンインストール完了です。

ちなみに、私のPCはWindows8なので、KB2982791 しかありませんでしたが、Windows7パソコンは、KB2982791とKB2970228 の両プログラムを削除する必要があると思います。




オススメ自分でアンインストールするのは不安…という生徒さんへ
ノートパソコン持参で ウェブカツ!(パソコン&インターネットの勉強会)にご参加ください。デスクトップPCの方には、やり方メモをお渡しします。9/10(水)のウェブカツ!瀬戸は満席になりました。9/5(金)と9/19(金)のウェブカツ!名古屋は、あと数席 予約可能です。




0 コメント:

 
ホームページ制作とウェブ学習支援のWeb500(うぇぶごひゃく) © 2017 | ホームページ | Blog 💀 Web500 | ウェブカツ! |